下層メインイメージ

相談所物語

借入金は返したのに、抵当権が付いたまま放置した為、現金化できなかった・・・話

2015.10.02

信夫(仮称)は、あるサラリーマン金融から借り入れし、
10年前返済した。
借入れを返済し、ホッとしたまま、その後の事務手続を怠った、

一般的には「返済は完了しました」との連絡で
「ホッ」としてしまいがちです。

お金を借りて、その担保として、抵当権の設定がなされるのが
通常です。
金融機関のお金は預金者の運用資金である為に、
担保かまたは与信」の範囲内で融資するよう、銀行法に
定められています。
今で言う、「リスクの管理」の対策です。

従って、印鑑証明書の提出が求められ、抵当権の設定が
行われます。
しかし、その費用は借手負担となっています。
信夫は、抵当権の削除の行為は、本人負担の為、
通常司法書士に依頼することになります。
しかし信夫は、この手続きを放置したままだったのです。

抵当権の設定は貸主のリスク負担回避の為行なわれ、
その抹消は借主の手続きとなります。
設定と抹消は、問題になりやすいのです。
権利者は誰か、義務者は誰かの問題です。
借主が抵当権の抹消手続きを、行うべきでしょうが、
貸主(サラリーマン金融)も親切に教えて欲しいものですね。

信夫は自分の土地に12年も抵当権が設定されたままだったのです。
運悪く、サラ金は倒産していたのです。
返済済の書類も紛失しており、現金化に間に合わなかったのです。

(参照)民法369・383・386

pagetop