下層メインイメージ

相談所物語

借家人の失火で、古いアパートが焼失したのに、損害賠償を請求された・・・話【NO.151】

2015.10.02

冬二(仮称)は、古いアパートを父から相続して10年経っていた。
築40年の古い建物だった。

幸いに、怪我人もなく、火事は消火された。
古い建物だったので、これを機会に建て直そうと思った。

しばらくして転居した旧借家人から、請求書が届いた。
保険会社に問い合わせると、借家人賠償保険ではなく、損害賠償
請求らしかった。

「借家人の財産を保全する住宅では無かった」との理由で
賃貸人としての債務不履行があったと請求された。

失火の責任に関する法律」では、放火など除いて責任は追及されない
と思っている人が見受けられます。
過失で火事になっても「仕方がない」と思われています。
日本の建築様式が燃えやすい為、その責任を失火元に負わせるのは
可哀そうだという理由からなのです。

しかし、失火そのものが住宅の不法行為とみなされる場合は、
その損害賠償が問われることになります。
借家であれ、事務用の建物であれ、最終的にはその所有者が
責任を負うことになります。

所有しても、賃貸してもその管理について責任を追及されないように
しておく必要があります。
40年前の建物でも、建築基準法の判断によっては基準不適合住宅
として、その責任を問われる場合があります。

賃貸する以上は、借家人の財産を守るべき建物でなければならず、
今回はその争いとなったのです。

(参照)失火の責任法、民法415・717条 刑法108・116条

pagetop