下層メインイメージ

相談所物語

夫が離婚して出て行った部屋を「契約の当事者でない」との理由で退去を求められた・・・話【No.154】

2015.10.02

冬子(仮称)は、5年前に結婚し、女の子を授かった。
しかし、性格の不一致から離婚することとなり、
「バツ一」の生活になった。

身辺の整理がつき、一段落しているところへ、アパートの
管理人から退去を求められた。
「ご主人との賃貸借契約が切れたので、退去して欲しい」
とのことだった。
アパートの賃貸借契約は前夫とのもので、妻や子供は
「同居人」として記載されてはいても、賃貸人から契約の
判断対象者ではない為、契約が切れると同時に退去を
求められた。
主人との契約が「主」であるなら、妻子は「従」との関係に
なるのです。

離婚時に部屋のことなど、まったく考えなかった。
借家人の主人が亡くなれば、配偶者が住み続けるのが
普通ですが、相続関係と異なり、離婚は判断が別です。

アパートの賃貸借としては、借家人が相続したことになる
場合を除き、離婚した妻と新たな契約をしなければなりません。

火災・盗難等の権利義務を明確にしておかなければなりません。

今回、賃貸人としては、借家人が母子家庭となり、賃料が
支払って貰えるか心配だったのです。
幸いにも、両親が近くに住んでおり、保証人となってもらった為、
住み続ける事が出来た。

離婚する場合は、住む場所も事前に対処して置かなければ
なりません。
権利・義務はすべて明確にしておくことが大事です。

pagetop