下層メインイメージ

相談所物語

新築間近の家に入居出来なくなった・・・話【No.174】

2017.02.28

 春夫(仮称)は、地鎮祭の時の緊張を思い出していた。
これから始まる家族の船出を神様にお祈りした。
 ある日、知人から「新聞を見たか?」と言われ
ページを開くと、なんと、彼の発注した会社が「倒産」と
載っていた。

 先日、大工さん、監督さん等と打合せをしたばかりだった。
 皆、社長に騙されたのだった。
「天国から地獄となった」

 ネットで、弁護士を調べ、対策を練った。
そして裁判所へ仮処分の手続きを申し立てた。

 振り返ってみれば随分と値引サービスをしてくれた。
仕入には原価もあり、限界もあるはず、もっと慎重に
なるべきだった。

 ともかく、マイホームを建てるという目的を達成する為に
どうすれば良いか、考えを変える事にした。

 民法上契約には債権者主義債務者主義があり、少しでも
欠損にならない方法をと考えた。

 契約締結時の約款には、大事な事が書かれているのです。

 債権者主義、債務者主義はそれぞれの主張によって
異なってきます。

 請負業者が倒産した場合、弱い立場の施主を守るのが・・
良い業者でしょう。
 その為には、施工実績であり、その会社の良い評価であり、
施工に対する保険等です。

参照 民535・536・634

pagetop