下層メインイメージ

相談所物語

新たな土地に、戸建住宅を建てたものの自治会について悩んだ話【No.176】

2017.05.20

 守夫(仮称)は新築した。
 親の元に住んでいた頃は、自治会の事など
全く関心がなかった。

 アパートに10年近く住んでいても、自治会の事は、
大家さんが対応していた為、地域のことは考えた事もなく、
他人任せだった。

 それにしても、こんなに煩わしいとは知らなかった。
 ゴミ収集所の清掃担当、地域の道路清掃、公民館清掃、
各種スポーツ・趣味の活動、募金活動、敬老、子供見守り、
お祭り等々・・・

 併し、これが社会なのです。
彼の両親は、やっていたのです。今もやっているのです。

 こんな面倒なことなら、マンションの方が楽と考える
人達もいます。
 マンションの人達は、「お金」で第三者にお願いしている
事もあるのです。

 自治会は、行政と協力し合って社会を支えています。
「労力」で「お金」でそれぞれの立場で協力しているのです。

 自治会の法的性質は、任意団体であり、加入を強制されるもの
ではなく、権利能力なき団体です。

 但し、マンション等の建物の場合、維持・管理の入会金支払が
条件となっている場合が多いようです。

 宅地建物取引業者は、重要事項説明において自治会等の説明も
必要となるでしょう。

 今後、高齢化社会になる中で、みんなが考えなければならない
問題でしょう。

 〈参照〉宅地建物31・35・79

pagetop