下層メインイメージ

相談所物語

売買が終り、いざ登記になって、隣接者から苦情が持ち込まれた…話【NO.183】

2017.12.18

幸男(仮称)は、子供三人を育て上げ、やっと夫婦二人の生活が始まろうとしていた。

気付いてみれば教育資金にすべてをつぎ込みマイホームは手つかずのままだった。

今から自分達の借入能力を考えると限界があった。

知人との世間話で何気にこんな身上話をしたところ、

思いかけず、築三十年の中古住宅がある事を教えてくれた。

真面目に働いて来た事がこんな幸運を呼んでくれるのかな・・・と夫婦で喜んだ。

所有権の登記も終わり、ご近所の挨拶廻りをした時に隣の人から

「前の所有者と土地の件で折り合いがついていないよ」と言われた。

裁判になっていないが、地境の件でトラブルが発生していたようだった。

知人に訊くと

「自分も知らなかった」

と言う直接売買のワンパターンであった。

全員当事者でありながら全員責任逃れの形態である。

「ハタ」と困った幸男は、町役場に相談した。

「権利の問題」は専門家に相談したほうが…と言われた。

民法は刑法とは違い、相互の話し合いで結論を導くものとの事だった。

幸男は、町の不動産業者に依頼し、正式に書類を整えた。

重要事項説明書に不明な点が無いか調べ、

築三十年の中古住宅として、相互に理解し合い、

土地の境界についても、隣接者と協議の上、

境界杭を打ち、禍根を残さないようにした。

今は、良き隣人として暮らすことが出来ている。

長所・短所を調査し、全員で査定し、

相互に理解し合えば良き人間関係が続くことでしょう。

やはり幸男の誠実な性格が幸運を呼んだのでしょう。

(参照)宅地建物法31、35、65、79号

pagetop