下層メインイメージ

家づくりの流れ

  1. ヒアリング

    クライアントのお住まいに対する、ご要望や考え方、将来設計、資金計画等をお伺い致します。
    家づくりにおいて最初の一歩ですが、とても重要な工程です。クライアントによって様々な生活スタイルやご要望があり、建物以外の外的要因も含めて問題があれば、一緒に解決する方法を探します。

  2. 資金計画・融資事前審査

    住宅計画においてもっとも大事なお金の話。せっかくの気に入ったプランも絵に描いた餅になっては、大切な時間も無駄にしてしまいます。住宅計画における最初のハードルですが、しっかり計画を練っておけば気持ちよく打合せに集中できます。

  3. 役所調査、敷地調査

    所有地に対する様々な、法的規制や現況を調査し、あわせて現地確認を行い、その敷地にクライアントのご要望を最適な形で落し込める様検討します。

  4. ラフプラン作成

    弊社では、プランニングに多くの時間を費やします。一邸一邸、完全フルオーダーでプランを作成していきますのでお互いに納得のいくまで打合せを行います。

  5. 3Dデータによる打合せ

    プランニングの方向性が固まってきたら、3Dデータをモニターを確認しながら打合せを行います。
    敷地に対する建物のボリュームの確認、外観の確認、外構イメージの確認、内部空間の間取り確認CGによる外観、インテリアイメージの確認、季節ごとの日照の確認などを行います。

  6. VR(バーチャルリアリティ)による打合せ。建物の断熱性能の確認

    プランや外観、配置、インテリアイメージが固まったら最終確認として、VR(バーチャルリアリティ) による確認を行っていただきます。外観、内観イメージが実物大で確認できますので、建物を建てる前に、ボリューム感や高さ関係、広さ関係などが確認でき、建築後の「こんなはずじゃなかった」という失敗リスクが圧倒的に低くなります。
    また、外皮計算による建物の断熱性能も最終段階で確認して頂き断熱材や外部建具などの種類も確定していきます。

  7. 設計申込

    今までのお打合せを経て、弊社でのお住まい計画にご納得いただけましたら、設計申し込みを頂き詳細設計に移ります、詳細設計図を元に全業者に見積を取り集計、見積致します。

  8. 詳細見積提示

    住研では、一式見積ではなく、およそ30ページに及ぶ詳細見積をご提示させて頂いております。
    これは、契約後の追加見積や減額工事などにおいて根拠を明らかにする事で、不明瞭な追加工事等によるトラブルをなくす事ができます。詳細見積を確認しながら打合せを行うことが出来るので、クライアントご自身が追加工事の増減を調整できるというメリットもあります。

  9. 建物契約

    詳細図面や詳細見積の内容をご承諾頂き、建物請負契約になります。 契約日は、一般的に大安や友引などの吉日を設定します。

  10. 仕様打合せ

    建物着工前に、外部及び内部の仕様や、電気配線、住宅設備、造作工事、クロス、照明、カーテン等の仕様を決めていきます。およそ1ヶ月~1ヵ月半程かかります。

  11. 本融資申込

    確認申請を提出し、土地建物にかかる費用が固まりましたら、融資の本申込になります。
    確認申請が下り、銀行の融資承認が下りましたら、着工手続きに入る事が出来ます。

  12. 地鎮祭・着工

    いよいよ着工です。土地の神様に報告し、工事の無事とご家族の繁栄を祈ります。

  13. 上棟

    基礎の養生期間が終わったら、上棟になります。
    以前に比べ、建前、ガラ撒きなどは少なくなりましたが、大きなイベントの一つです。
    建物がはじめて形になる感動的な日になります。

  14. 最終金・精算金の手続き

    工事か完了しましたら、第三者機関による検査を行い検査済証を発行してもらいます。
    その後、最終金の手続きになります。

  15. 完成・引渡し

    様々な、打合せや確認を経てようやくお引渡しになります。
    仕上がりを見て喜んで頂く、お施主様家族の笑顔を見るのが私達の励みになります。

  16. アフターメンテナンス

    1年点検・3年点検・5年点検・10年点検・20年点検とアフター担当者が伺い不具合等の点検・補修を行います。

pagetop